J(S)Wの箱

jswbox.exblog.jp
ブログトップ

〝DAYS″

c0160295_23395991.jpg


「 〝DAYS″ 」 1994,5,21

1 時は風のように
2 100%無敵
3 ガールフレンド
4 瞳の中
5 ヒーロー
6 Good-Bye Days
7 ロッケンロール
8 HEAVEN
9 HAPPY BIRTHDAY...MOON
10 時の列車


呼人脱退のあとに出た新生ジュンスカの記念すべき1枚。
このアルバムに関しては付随してくるネタが満載でして。

まずは~、アルバムが発売される前にファンクラブの企画で、
発売前のアルバム収録曲を、ファンクラブの会員から代表で10人に聞いてもらうというもの。
これに、私も応募しておりました。
c0160295_2303258.jpg

でまぁ、幸運にも当選w
選ばれましたよ~っていう事務所からの電話を受けた時の状況とか、今でも思い出す。
嬉しかったな~。
事務所の中もだいたい覚えていて、ファンレターが入った引き出しとか。
テーブルの配置、部屋、多分間取りもまだ書けると思う。
結局選ばれたのは12人。
聴いた曲は5曲ぐらいだったかな?もっとあったかな?
アルバムに収録されてなかった曲も聴いた記憶があります。
それまでのジュンスカとイメージが変わって、まさに、生まれ変わったというか。
呼人の曲がないだけで、こんなに変わるものかと思って聴きました。
スピーカーが良かったのか、ベースとドラムの音がそれまでのCDと違って響いて聞こえて、
単純にカッコよさが増したような気がした。
実際、ライブでもそれは感じたことだったんだけども。
伊藤氏のベース、かっこよかったな~。

もうひとつ、イベントがありました。
c0160295_23141940.jpg

突然家に届いた謎の文書
「急告 1994.5.4 昼 渋谷パルコ公演通りにて...。」
それだけの文面。
その時何が起きたのか、あとで詳細がファンクラブの会報にのってましたが。
昼よりちょっと前に私もその場所について、徐々に人が集まりだして、
しばらくして警察がやってきて、「イベントは中止だからここから立ち去るように!」
という怒号と、「何だよそれ~!」という文句を言う声と、騒然となってたのを覚えてます。
何が起きるのかすら聞かされてなかったし、何のイベントが中止になったのかも分からなくて、
腹立たしかったなぁ。
通りに面した壁一面にメンバーがメッセージを残す、というものだったらしいのですが。
それで、夜中にこっそりメンバーがやってきて、手形を残したり、サインを書いたり。
そんな感じで、ウォールペイントがいつの間にか出来あがってました。
この件に関してはお詫びの文章がライブ会場で配布されましたよね。

このアルバムをひっさげてのDAYSツアーは、会場での空席が目立つものとなり、
それがちょっと驚いた。
呼人が抜けたというだけで、休業してたというだけで?
それだけでファンが減ってしまったのか?
バンドブームが去ったというのもあっただろうし、呼人が抜ける以前に楽曲が受け入れられなくてすでに離れて行くファンもいたから、長期休暇というのがやはり打撃だったのかもしれないなー。
でも、武道館で和弥が言った言葉が私は今でも忘れられない。
「ついてきてくれた真のジュンスカファンにお礼を言いたい」と。「ありがとう」と。
人間、誰しもいい時もあれば悪い時もある。
悪い時について行かなくちゃいけないという決まりはない。
だけど、私は悪い時でもいい時でも同じようにファンとして最後まで見て行きたいと思ってたから、
その「ありがとう」という言葉で、更にジュンスカのこれからをちゃんと見て行こうと思えた。

このツアーから、どんどんその観客の数が減っていくわけなんだけどもw
あからさまに、わかりやすく、席がガラ空きの会場もあった。
でも、そういう時ほどライブの盛り上がりが凄くて、なんか・・・凄かった。うん。

c0160295_2326898.jpg

ジャケットとか、カッコ良かったな~。
曲も。
ジュンスカってそうだ、こうだった!って変だけど、そんなイメージ。
「時の列車」とか、今も好きで聴いてます。
「HEAVEN」の作曲が和弥だと知った時の衝撃w名曲だと思う。
STAR BLUEのアルバムの時に出来てた曲だそうです。
全曲に対する解説を今読むと、色々感慨深いです・・・。
[PR]
# by J-S-W-BOX | 2012-01-25 23:44 | アルバム

ツアーパンフレット

年が明けました~。

今年はジュンスカ完全復活!
始動開始!

あぁ、それなのに、ライブはいけないし、サミットもフェスも行けない。
何の為の復活~???

休日が平日組にはイタイ日程。

無料ライブって何!www

行きたいよう~。
行ける距離なのに参加できないもどかしさ。

とりあえず、1月18日のアルバムを待ちたいと思います。

そしてこちらのブログは相変わらずのんびりまったり速度で頑張りますw



本日はツアーの楽しみにもなっていたパンフのご紹介。
(表紙だけ。しかも写真の撮り方がいいかげんwww)

とは言っても私が参加できたのは4匹からなので、それ前のは譲っていただいたブツですがw

まずは初の武道館ライブの写真が盛り込まれた、このパンフから。
いつのものかは不明。
これがあって、歩いていこうがないという(笑)
ここにないツアーパンフについては知らないのでノーコメントですw

JUN SKY WALKER(S) LIVE 1989 Budokan
c0160295_1635227.jpg


Heavy Drinker 1989-1990
c0160295_1637543.jpg


Let's Go 4匹 1990
c0160295_16405441.jpg


LADIES AND GENTLEMEN 1990-1991
c0160295_16422149.jpg


TOO BAD 1991-1992
c0160295_1643284.jpg


STAR BLUE 1992-1993
c0160295_16441724.jpg


DAYS 1994
c0160295_16453787.jpg


HELLO!! WILD BOAR 1995
c0160295_16465287.jpg


999 1995
c0160295_16472259.jpg


ハロー 1997
c0160295_16481844.jpg


おまけ→ハローの最後のページ
ジュンスカ、ラストは野音で終了。
c0160295_1782944.jpg

[PR]
# by J-S-W-BOX | 2012-01-04 17:13 | コレクション

2011年10月26日 日刊スポーツ

あげるのを忘れてたw

c0160295_1203692.jpg


GCの武道館での記事

<ユニコーンと”対バンIN武道館”>
ジュンスカはこの日、東京日本武道館で行われた寺岡主宰のイベント「Golden Circle」に出演し、来年2月18日に東京を皮切りに全国ツアーを行うこと、同4月にはオリジナルアルバムをリリースすると発表した。ボーカル宮田和弥(45)は「12年に完全復活します。再生・・・3月11日に東日本大震災もあって、夜明けの意味でつくった歌です」と新曲「シンフォニー」を初披露するなど8曲を熱唱。同年代のユニコーンとの対バンも実現した。


<一石投じる>
来年から本格的に活動再開するロックバンド、JUN SKY WALKER(S)が88年の代表曲「全部このままで」を新録し、TSUTAYAからレンタル専用シングルとして、レンタル開始することが25日分かった。配信全盛の昨今だが、音をデータとしてではなく、パッケージを手に取って聴くというアナログ的な音楽の楽しみ方をファンに再提案する異例の戦略で、日本の音楽シーンに一石を投じる構えだ。12月21日からレンタル開始。
ジュンスカは完全復活にあたり、TSUTAYAグループのアイビーレコードと契約した。音楽のパッケージ形での販売はもちろん、安価なレンタルでも展開でき、配信で聴くだけしか知らない若者にジャケットを含めた音楽の楽しみ方、文化を伝えられる可能性を感じたからだ。
TSUTAYAは全国に1414店舗あり、会員カード「Tポイントカード」を持つ人は20代で全国の64.2%にあたる903万人、ジュンスカ世代の30代では53.3%の952万人に上がる。寺岡呼人は「音楽シーンという畑にジュンスカという種をまく時期に、こういう挑戦ができるのもまた時代」と意気込んだ。

<映像も収録>
全部このままで」は来年1月18日に発売するベスト盤「B(S)T」からの先行シングルだが、過去にはシングルカットされていない。シングルには同曲のほか新曲「シンフォニー」と東大震災チャリティーとして東北6県を回った「Walk to TOHOKU」ツアーの映像も収録される。寺岡は「僕らを手早く知ってもらう名刺代わりの選択です」と期待した。


<18曲収録>
歩いていこう
JACK&BETTY
すてきな夜空
風見鶏
いつもここにいるよ
ひとつ抱きしめて
メロディー
声がなくなるまで
休みの日
青春
START
僕と勇気とありふれたLOVE SONG
PARADE
HEVY DRINKER
全部このままで
MY GENERATION
白いクリスマス
シンフォニー

寺岡「当然、全曲収録し直しています。今の方が断然、恰好いいからです


なんだかもう、楽しみ過ぎて。
私は26日に行ってきましたけど、感動の言葉しかみつからなかった。
過去を懐かしむのではなくて、現在進行形のジュンスカのパフォーマンスに鳥肌がたった。
何て素晴らしいバンドなんだろう!

来年の活動が楽しみです。


とはいっても、ここはのんびり更新ですから(笑)追いつくのはまだまだ先になるだろうけど。
[PR]
# by J-S-W-BOX | 2011-11-01 11:59 | メディア